スポンサーサイト

Categoryスポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Language exchange partnerとおしゃべり〜'sarcastic(皮肉)'が面白い〜

Category英語奮闘記
 4  0
今日は久々の雨。20℃ちょっとでちょっとひんやり。
関東は猛暑みたいですね。。。
去年はちょうどつわりの最中で、仕事でも
会議続きで外回りが多かったから
本当に大変だった・・・。
あのじめじめした暑さ・・・恐ろしい・・・
関東の皆さんお疲れさまです。

今日はLanguage exchange partnerとおしゃべり。
私は最近日本のニュースを全然チェックしていない。
そして彼女は私よりも日本のことをよく知っている。

今日話して知ったのは
任天堂の社長の訃報(彼女はゲームクリエイターを目指している。
イギリスでも大きくとりあげられたとか)
名古屋にレゴランドがオープンすることとか
(2017年開業予定らしい。サイトで調べたけど、いいなぁ、行きたい)

彼女は日本のマンガをネットで見ているらしい。
サイト教えてもらってみてみたら
英語と日本語両方表示してあって勉強になるから
今日から私も読むことにした。

先週「アオハライド」の映画をお勧めしてもらったから
週末見て映画の感想について話した。
「主人公の男性はちょっと老けていると思います」
と言っていた。確かに・・・笑、実際27歳だもんね。
高校生は無理があるよなぁ。
ああいう青春ムービーみたいなの久々にみたけど
私は洸(主人公)の友人の亜耶くん派。
おちゃらけてクラスのムードメーカーだけど
一番に友達のことを考えてて・・・いいなぁと思った。

「マンガのリメイク」って良く日本で言うけど
「remake of manga」ってそのまま言うと
??って反応。リメイクは以前に作られた映画を元に作られた作品
の時にのみ使うらしい。
「movie made of manga」っていうと通じました。
勉強になった。

ちなみに「ムードメーカー」も和製英語。
inspirerとかicabreakerとか言うみたいです。

今日の気づき。
彼女と話していて、
「Sarcastic」という単語が出てきた。

イギリスではどんな映画が流行っている?
と聞いたら、「‘Sarcastic’なものが面白いとイギリス人は思ってる」
と言っていて、「Sarcastic(皮肉な)映画」って何だ?と思って
調べてみたら、海外では「皮肉」をユーモアとしてとらえている?ようです。

こんなサイト

訳すの難しかったり、訳せても何が面白いのか
わからないものばかり・・・笑
2つほど紹介。

The trouble with children is that they are not returnable.
-- Quentin Crisp

子どもの起こしたトラブルは起きてしまってからでは遅い(取り返しがつかない)
確かに・・・。子どもには目が離せないということ?

A good listener is usually thinking about something else.
-- Kin Hubbard

聞き上手はいつも他のこと考えている
よく聞いている振りをして実は全く別のことを考えているもの
これも確かに・・・

面白いかどうかわかりませんが、
こういうサイトがあるということは
「Sarcastic」がユーモアのジャンルとして
確立しているということでしょうか。

次回は私の日本での仕事の話をしようか
ということになりました。
彼女の今の仕事と私の日本での仕事は
少しだけ通じるものがあるので、
楽しみです。


ブログランキングに参加しています。
下のマークをクリックお願いします^^

カナダ(海外生活・情報) ブログランキングへ

こちらもクリックお願いします♪

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

- 4 Comments

Kay  

ユーモアも国によりけり?

こんにちは〜。
Trouble with...は、子どもに関してトラブルといういうのは子どもは返品できないという事だ、というような意味かな?と思います。産んじゃったら「トラブルが多いから産まなかったことにしよう。とはいきませんものね。電化製品のトラブルとはちょっと違う、と。こういうのって、全然参考にできないじゃんっっというのが面白いのでしょう。ディープな南西部のアメリカでは通じなさそうなイメージですが(なんでも言葉通りにとってしまうイメージ)、確かに皮肉っぽいジョーク(ブラックジョーク)が好きなイギリスで受けそうです。😁

2015/07/15 (Wed) 12:03 | REPLY |   

makiron  

Re: ユーモアも国によりけり?

Kayさん
コメントありがとうございます。
子どもは返品できない・・・そうですね!「return=返品する」ですものね。
これがまさにSarcasticのユーモアなのでしょうか。。。
英語で訳するだけでも大変なのに、それをさらにユーモアに解釈する・・・
私には難し過ぎました笑、修正していただいてありがとうございました^^
これがユーモアとは・・・国民性なのでしょうか。
日本でこれを言ったらシャレではすまないですよね笑

2015/07/17 (Fri) 12:50 | REPLY |   

ホーリン  

皮肉って単語勉強になりました。
確かに海外では皮肉表現多い気がします。

2015/07/22 (Wed) 00:18 | REPLY |   

makiron  

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます!
ブログ拝見しましたが、ホーリンさんは今BC州に
いらっしゃるのですか?私もBC州在住です。
そうなんですね、皮肉表現多いんですね。
私にはそのユーモアがなかなか理解できません・・・笑

今度ゆっくりブログ拝見したいと思います。
これからもお時間があるときに
ぜひブログ読んでもらえたらうれしいです^^

2015/07/23 (Thu) 05:48 | REPLY |   

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。